埴生神社の様子
 

[ 埴生神社 ] の最近のブログ記事

今年の嘉祥菓子

20180616.jpg今年の和菓子の日限定のお菓子は厄除け招福の不動餅
6月初めから今日まで限定で米屋さんで販売しておりますが、今日に限っては売り切れゴメン
午前中に御神前に供したかったのですが、仕事の都合により午後(予約済)に献饌として供しました
お下がりの不動餅は、夕方野球の子ども達のお腹にあっという間に収まりました

スズメバチ

20180613.jpg

御殿と社務所の間の椎ノ木の根本の穴からスズメバチが飛び交うのが見えました
どうやら巣を作っているみたいです
扉や窓を開放する機会も増えてくる時期に入ってきたので、早めの対策ということでホームセンターでジェット噴射式の撃退スプレーを買って来ました
夕方の蜂が戻ってからが攻め時とのことでしたので、神社を締めてから肌がみえないようにして恐る恐る噴射!
しばらく様子を見ていたのですが、数匹穴から慌てて飛び立って行ったのを確認しました
とりあえず明日また確認してみます

謹んで...

20180612.jpg

神札の奉製をしておりますが、いつもこれらの版はいつ作られたんだろうと不思議に思っております
画像の宮の字も口と口の間にノの字が有りません
これは神宮大麻の宮のお札と同じくして、古くはノが入らない宮が使われていたと云われております
まぁ印刷ではなくて、未だに版を刷っている時点でその古さが伺えますが...
いつのご先祖様から続いているかは存じませんが、畏んで奉製したいと思います

家族なんですが

20180609.jpg本日は知人の地鎮祭に出かけてきました

これ以上ないお天気で、最高の地鎮祭日和

お祭りの最初にペットのみかん(犬)がいたのですが、祭典の時に4つ足は生贄とも云われることがあるので、ちょっとお留守番をして頂き、祭典終了後の家族揃っての記念写真の時にあらためて来てもらいました

画像からは分かりづらいですが、人通りや車の往来も激しいところなので、通られる方もなんだか目出度い場面に出くわしたと、話しかけてくる方もいらっしゃいました

工事の安全を祈念申し上げます

千葉県神社庁総代会印旛支部定期総会

20180608.jpg本日は千葉県神社庁総代会印旛支部定期総会へ行ってきました

例年、総会後は講師の先生に講演を賜ったりというのが通例なのですが、本年は雅楽と神楽とのこと

確かに印旛支部は他の支部に比べ雅楽に携わる神主さんが極端に少なく、馴染みが薄いのです

それもあってまず、雅楽の説明から...

とはいっても、ほんの触りだけ(実際私も雅楽の学の方は詳しく無いものですから...)でやっぱり聴いてもらう事が一番

曲は聴いたことがありそうな平調から音取、五常楽急、越天楽、陪臚と浦安の舞

懇親会の席で、たくさんの総代さん方からお声をかけて頂き、雅楽についてちょっとご理解頂けたようです

まぁ雅楽にはなかなか縁遠い印旛支部ですが、神楽(おかぐら)は各地区で伝統的に継承されている神社も多いです

雅楽に関しては大きく変化することは無かったと聴いておりますが、神楽はその昔、都から各地に受け継がれたその地域で独自のものとなり、国風歌舞としてまた都に集められたりと、こちらの方は歴史を紐解いていくとちょっと面白そうです

神葬祭

20180605.jpg本日は神葬祭へと出かけてきました
現在日本では、仏教を始め多くの宗教による葬祭が行われておりますが、どの宗教も本来の教義にはあまり無い祖霊を祀る信仰として行われております

祖先を大切にし祖先を偲ぶことこそが、人間として大切であるという信仰は元来神道信仰の根本的要素であり、長い間我が民族固有の信仰でありましたが、どの宗教も広く普及するためには、日本古来からの生活習慣における祖先の霊を尊ぶことを取り入れ、それぞれ日本用の宗教として対応してきました

神葬祭は、国の政策等もあったのですが奈良時代仏教伝来とともに、葬祭といえば仏式で行うことが常識とされ、江戸中期には仏教の宗門改めの制度があり葬祭は仏教が大半を占めておりましたが、神職の奮起と抗議と請願により神葬祭が幕府から許され、吉田家から許可状のあるものについては神葬祭を行うことが出来流ようになり、明治の神仏分離以降一般庶民に至るまで神葬祭が許可されました

各宗教としての歴史はともかく、ご先祖さまを大切にする心を忘れないようにしなければなりません

感謝

まだ空は青く

20180604.jpg通夜祭にて、19時頃神社に戻ってきたのですが、思っているよりまだ空も青く、夜ってほどは暗くもありませんでした

本当に日も長くなったものです

朝も、御殿を開ける時間帯にはもう完全に明るくなっており、冬場は真っ暗なのに対し、季節でこれほどまで明るさが違うものなのかとしみじみ思います

麗かな春、灼く夏、涼風至る秋、冱つる冬、どの季節も捨て難いものですね

こちらも景色が変わりそうです

20180603.jpg本日は、JR成田の西口にて地鎮祭

以前は広い駐車場だったのですが、この度マンションになるということで行って来ました

東口の方は、この10年で本当に昔の面影さえも忘れてしまうくらい変わりましたが、西口はこれまで大きな変化がなくすぎて来ました

今後平地からマンションと立体建物が建つ事によりこちらも景色が一変するのでしょうね

水無月

20180601.jpg早いもので、もう6月となりました

6月7月の1日は浅間様と全国各地で浅間神社へのお参りが多い日でもあります

それは旧暦の6月1日、7月1日は山開きとなっており、開山祭の神事が多く初登山にちなんで何か新し物を身につけてお参りすると良いとか、多くの浅間神社のご神体は木花咲耶姫であり、古事記の一節に産屋に火を放っても無事に子どもを産んだことから、妻・安産・子育ての神様として信仰され浅間様と称されお参りをするのだとか、由来はいくつかありますが、古くから伝わる伝統文化です

埴生神社でも社殿の裏手に浅間神社が鎮座しております
本日も、多くの方にご参拝頂きました

明日は浅間様

20180530.jpg

明日の浅間様を控え、境内掃除をいつもより多めに

浅間様の鎮座する裏手には、すでに蚊が猛威を奮っており、竹箒をブンブン振って蚊を払っては、同じく竹箒をぶんぶん振って落ち葉を掃くといった繰り返し

側道と浅間様への細道を掃き終わったのは約2時間後

もう汗はダラダラで、蚊にも数カ所刺され、ダウン寸前でしたが、掃き清められた箒目は一瞬で疲れを忘れさせてくれました

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の写真

  • 20180616.jpg
  • 20180613.jpg
  • 20180612.jpg
  • 20180609.jpg
  • 20180608.jpg
  • 20180605.jpg
  • 20180604.jpg
  • 20180603.jpg

月別 アーカイブ