埴生神社の様子
 

[ 雅楽 ] の最近のブログ記事

本番に向けて

20171025.jpg昨日、素晴らしい雅楽を乃木神社にて聴いて、一度は凹んだものの聴けば聴いたで自分が上手になった気持ちになる勘違いも少々ある中、今日は香取神宮にて雅楽と神楽の夕べに向けての練習

管弦では黄鐘調の越殿楽と、拾翠楽は龍笛、神楽は浦安の舞の神楽笛を担当

正直管弦では三管の息がなかなか合わずに本番までの宿題となりました

神楽の方は、舞い手は香取神宮の巫女さんが舞ってくれるので付け物(太鼓、琴、篳篥、笛)が問題なければ歌い手も多いので大丈夫だと思います

まぁ、本番は共になんとかなるとは思いますが、ここに来て一番の問題は当日の天気となりました

千葉県神社庁大麻頒布始め祭

20171024.jpg本日は、県神社庁の大麻頒布始め祭に伶人奉仕してきました

今までは、三管での奉仕が多かったようですが、庁舎が新しくなった事で三鼓が常に鋪設されており、その分伶人も3名増えました

私は今回鉦鼓を担当

自分か音頭ではない分リラックス出来、鞨鼓、太鼓の拍子や、笙、篳篥、笛も良く聞こえたので、私的にはまずまずの出来栄え...

その後、乃木神社での管絃祭を観に行ったのですが、充実してちょっと満足だった気持ちもあっという間に折られました...(やっぱりスゴイです)

芸術の秋

20171020.jpg

芸術の秋

何か一芸を持っていらっしゃる方は、なんとなくこの時期くらいになると発表会や、展示会の機会が増えてくると思います

私も何故か苦手な音楽分野でしかも伝統的な雅楽を嗜んでおりますが、未だ一芸に秀でる兆しも、予定もありません

ただ最近、周りの笙、篳篥を始め、打物であったり糸物の音がやっと聞こえるようになってきたので、以前に比べて随分と楽しくなってきてはいます

拍子が取りづらくて

20170922.jpg

本日は雅楽のお稽古日

舞楽の萬歳楽だったのですが、音楽センスの無い私にとってはこの曲の拍子がまた凄く取りづらく、苦戦を強いております

そのための唱歌があるのですが...

後半に入り曲のテンポが速くなってくると楽しいのですが、出だしがてんで駄目

正直、12345678...の数さえ数えることが出来れば吹けるでしょ!とは言われますが...

その単純な数さえも上手く数えられなくなる恐るべし雅楽(あくまでもセンスの無い私の個人的な感想です)

唱歌をしっかり覚えます

葛飾八幡宮御例祭

20170915.jpg本日は市川鎮守葛飾八幡宮の御例祭に伶人にて御奉仕

祭典楽の羯鼓と浦安の舞の句頭と聞いていたのですが、どうやら浦安の舞は句頭といっても最初から一人で楽太鼓を打ちながら歌って下さいとのこと...

ちょっと慌てましたが、他の伶人さん方が超ベテランで舞人の方もプロフェッショナルなので何とか助けてもらいました

何はともあれ、御例祭真におめでとうございます

雅楽講習会

20170828.jpg

本日は千葉県神社庁にて雅楽講習会が開催されました

私は午前中どうしてもはずせない神事がありましたので、午後からの参加となりましたが、今年の参加人数にびっくり

笛はもともと多かったのですが、ここに来て篳篥がだいぶ増えて来たようです

笙も一時より増えて来ているようです

技術の向上、研鑽もさることながら、もっともっと雅楽を嗜む方が増えてくれることを望みます

散髪後

20170818.jpg

本日は3人散髪

ハル&スミはもう何年も前から坊主頭にしていましたが、一番下のミオは実は今日が初めての坊主頭

今までも短かったのですが、やっぱりクリクリ頭はまた別格ですね

なんどもなんどもなでなで...癖になります

1日中、緊張

20170802.jpg

本日は、葛飾八幡宮にて近年恒例となりました千葉県雅楽講習会が開催されました

本年も雅楽講師に

宮内庁式部職楽部

元首席学長 上明彦 先生(笛)

楽師 豊剛秋 先生(笙)

楽師 久恒壮太郎 先生(篳篥)

の御三方を迎え、御稽古

本年は、舞楽より万歳楽を始め、黄鐘調の拾翠楽(じゅすいらく)、越天楽、御神楽(みかぐら)より其駒

程よい緊張が1日中続くのも、良いものです...

ちょっと進歩?

20170610.jpg

雅楽は本来外で行なっていたものですから、11つの管の音の大きさはかなりのものです

しかも先生方が息を入れる管は、私が息を入れる倍くらいの音色が...
なので私も周りの音が大きいだけに、自分の音がわからずとにかく常にめいいっぱい吹き込んでいたのですが、最近ようやく自分の音や周りの管や打ち物の音が聞こえてきたので、なんとなくではありますが音ではなく音色に近づいてきたのかなぁ(気のせいかもしれません)と...

しかしながら、上手くなっている感覚は全く感じられません

めでたい曲目

20170531.jpg

本日は、雅楽の稽古で香取神宮へと出かけて来ました

平調より雞徳(けいとく)、萬歳楽(まんざいらく)のおめでたい曲目が課題

雞徳(慶徳とも)の雞には仁義礼智信の五徳がありそれを表しており、また「雞」は「慶」に通じるとしておめでたい曲と言われ、萬歳楽は君主の長久を祝うめでたい曲や、豊年の秋を千回万回と迎えられる長寿を祝う「千秋萬歳(せんしゅうばんぜい)」が由来ともされ、永い幸せを願った曲となっております

萬歳楽は長い曲なので、幸せを願う気持ちはあるものの、かなりしんどいです...

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の写真

  • 20171025.jpg
  • 20171024.jpg
  • 20171020.jpg
  • 20170922.jpg
  • 20170915.jpg
  • 20170828.jpg
  • 20170818.jpg
  • 20170802.jpg

月別 アーカイブ