埴生神社の様子
 

[ 兼務神社 ] の最近のブログ記事

タカサゴユリ

20170827.jpg

昨年と同様、手水脇にテッポウユリが咲きました

何気にテッポウユリをネットでどんんなのかな?と調べて見ると、どうやらこちらはタカサゴユリなのでは?という説も...
テッポウユリもタカサゴユリもその違いが判別しにくいそうです

そういえば、いづれが菖蒲か杜若、はたまたジャーマンアイリスか?も正直その違いが素人ではわかりません

神社の境内に白いユリが綺麗に咲きまいした

三里塚天満天神社例祭

20170730.jpg

本日は、三里塚の天満天神社の例祭

本神輿、女神輿、子供神輿、山車と振振行事が盛んなところです

三里塚周辺は、まだまだ住宅も増え、インフラ整備もさらによくなり、外から来る人たちが見込まれております

今後は、古くからの住民と新しくいらっしゃった方の架け橋となるような、神社のお祭りとして継続できれば幸いです

松崎区二宮神社例祭

20170727.jpg

この数年神事の最中に降られたことはなかったのですが、今日は御浜下りの際に御恵みを頂きました

松崎の方も、昼過ぎや夜に降られてことはあっても朝から振ってるのはあまり記憶がないなぁとのこと

でも、御浜下りなので、水で穢れを流して頂いたと思えばなんの差し支えもございません
一緒に出ている山車の方はちょっと気の毒でしたが、お祭りに参加している皆さんはそんなことお構いなし

今年も素晴らしいお祭りとなりました

山口雷神社例祭

20170725.jpg

日差しも雲に隠れて多少は暑さをしのげるものの、山の森に囲まれた神社の境内はどうも湿気がすごいのですが、参道から吹き抜ける風が御殿の中を通り抜けていくのは本当に爽やかに感じられます

本日も、山口の雷神社にて例祭が厳かに齋行されました

山の上にあるため、急な階段を登って来なければならないのですが、お赤飯を片手に多くの方が参拝に上がられておりました

並木町三ノ宮埴生神社

20170722.jpg

埴生神社の御分霊、並木町三ノ宮埴生神社の例祭がお天気の中開催されました

並木町はその昔、印旛郡成木新田といい印旛郡公津村成木新田を経て昭和29年に並木町として区画の変遷がありました

神社の鎮座した年は不明ですが、江戸時代に成木新田が開拓された頃には成木大明神として鎮座していたようです
現在は、古くからの住民と新住民が混在する大きな区となりましたが、お祭りを通じて並木町区が益々発展されますことを祈念申し上げます

寺臺保目神社例祭

20170721.jpg

お昼からの突然の大雨

先日50年に1度の大雨が降ったばかりなのに、この7月で既に2回目...

午後4時から、寺臺の保目神社(ホウメ)にて例祭があるというのに、止むこと知らずのザーザー降り

雨雲レーダーを確認するとちょうどお祭りの時間には大丈夫そうでしたが、何度も何度も確認...

予報通り例祭時はお日様が顔を出し、見事に晴れたくれましたが、お昼の奉納ちびっこ相撲大会、神輿の根木名川へのお浜下り(神事は行いました)も中止となりました
それにしても、先の大雨で準備もままならず色々大変だったにもかかわらず、「いやぁ、すごい雨だったねぇ」の一言だけ
古くから自然災害と共に暮らしを立ててきた日本人のおおらかさが感じられました

久米・馬場春日神社例祭

20170717.jpg

本日も早起き

神社のお祭りの後片付けを済ませ、兼務神社の例祭に行ってきました

軽自動車でギリギリの道(崖崩れで簡易的な補修あり)を通って行くと、急にひらけた小高い場所に、鎮座しております

その昔近くにお城があったかもしれないと、近々遺跡調査も行われるようですが、確かに今では周りを木に囲まれて視界は悪いのですが、ありそうな雰囲気も無きにしも非ず...

罪穢れ

20170630.jpg

本日で1年の半分が終わります
決して大げさなわけではなく、なんだかちょっと前まで正月だったのに、時の経つ早さに年々一層速さを増しているようです

さて本日は大祓い
私たちは、生活している上で罪や穢れが蓄積されております

それは、気持ちの面の穢れであったり、知らない間に犯している罪(ありんこを踏んでしまった等)と、様々さな罪穢れが生じております

そういった罪穢れを祓い除け(解除)、心身ともに清浄な状態へと戻すのが6月の大祓いと12月の大祓い

この大祓いは、延喜式にも載っておりますので1000年以上も前から行われている神事です

古峰神社・大前神社

20170620.jpg

本日は兼務神社の氏子旅行にて

鹿沼の古峰神社、真岡の大前神社へと行って来ました

梅雨というのに晴天で気温もグングン上昇
まぁ、傘をさしての旅行や、参拝のことを考えたら晴れていた方が断然良いのは明らかですが、それにしても季節が季節だけに堪えます

古峰は、神社がふるみね神社、庭園がこほう園、場所がこぶケ原と同じ漢字を書くのに読み方がみんな違います

大前神社も、おおさき神社と読みます

こちらは、恵比寿さん、大黒天さんをお祀りしており、参拝によって宝くじがよく当たると有名な神社です

今日も、たくさんの御神徳を頂きました

穀雨

20170420.jpg

本日は、松崎の二宮神社にて御事始め祭が齋行されました

この辺では43日の神武天皇祭に合わせて行うところが多いのですが、二宮神社は穀雨に行うのが習わし

穀雨は、田畑の準備が整い終わり、いよいよ田植えや種まきが始まる頃に降る雨のことをいい、この雨によって五穀豊穣となることを祈願します

日本の四季の美しさが感じられます

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の写真

  • 20170827.jpg
  • 20170730.jpg
  • 20170727.jpg
  • 20170725.jpg
  • 20170722.jpg
  • 20170721.jpg
  • 20170717.jpg
  • 20170630.jpg

月別 アーカイブ