埴生神社の様子
 

みんなでつくる結婚式

20200130.jpeg本日は神社にて結婚式がありました

新郎新婦さんが外人さん同士なので、進行もその都度通訳を入れてもらいながらの結婚式

ただ、新郎新婦さんが式前のリハーサルにて、とても真剣にそして神様を敬い1つ1つの動作も事細かに取り組んでいる姿に感激

誓詞奉読も、カンペを覗くと凄く練習して来たんだろうなとわかるくらい、カンペもシワシワ

いざ本番においても、参列頂いた御親戚、御友人の方々も戸惑いはあったかもしれませんが、暖かく新郎新婦をお祝いしている姿が本当に素敵でした

キッチリ決まった形での神前挙式ではありますが、程よい良い緊張と、周りの暖かさにより、なんだかとってもほんわかな結婚式でした

どうぞ末永くお幸せに!

だんだんと

20200129.jpeg神社を閉めてウチに戻って来ても、まだちょっとだけ明るい時間が残っているようになって来ました

朝はまだまだ暗さの方が勝っていますが、仕事が終わったにも関わらず空が明るいって方が、気分的に何だか嬉しい今日日

梅の蕾もだんだんと膨らんできているのが確認出来ますし、季節が変わって来る様子が伺えます

ただ、寒さは2月が一番なので、ポカポカ陽気が多くなるのはまだちょっと先かなぁ?

たくさんの神様がいらっしゃいます

20200128.jpeg神無月(神有月)といえば、全国中の神様が、出雲の国へと会議にお出かけになるというお話は有名ですが、1月の当神社はまさに神有月

直接神主がその場にいって御祈祷をすることも多いのですが、御奉射等の各地の神事の為に、御神体が神社に集まる時期でもあります

今年の宿主(御神体を預かる家)の家長の名前を墨入れし、御祓

各地区によって竹で挟んだり、桐箱や竹籠に入っていたりとその形は様々ですが、どの御神体も悠久の時間が感じられます

20200127.jpeg冬の時期になり、早くやらないといけないなぁと思ってはいたものの、今日までやらずじまいのタイヤ交換

今まで何かと朝の時間がバタバタしていたので、ちょっと時間があいたここぞとばかりに、2台分のタイヤ交換をしました

4本交換をしては、近所のガソリンスタンドに行って空気圧の調整

降らないでいてくれればそれが何よりですが、これでやっとちょっとは安心できます

三里塚子安神社

20200126.jpeg本日は、三里塚鎮守の子安神社の御例祭

昨年の台風の爪痕がまだ残っておりますが、御社殿等には神様の御稜威により幸いにも被害がなかったようです

準備の段階ではちょっと雨も降っていたのですが、いざ始まると雨も止み、これまた神様のおかげと感謝

各地区での女人講による子安様のお祭りが多くありますが、ここ三里塚鎮守の子安神社はその崇敬の念が篤く、市内でも一番多く参拝の方がいらっしゃる御社の1つです

久しぶりの夜警でいつもの話題

20200125.jpeg暮れから2月の出初式までは夜間、消防団による夜警があります

私もまだまだ消防団員ですので、本日の夜警に行って来ました

そこではいつも集まる団員と、毎度毎度新入団員の勧誘についてが大きな話題となります

郷部消防団員には50歳を超えた団員が2名、そのあとはだいたい1歳ずつ若くなり、16年いる私でさえまだ団員の中では真ん中くらいの位置におります

市民の皆様のご理解を頂き、是非各地区消防団への加入をお願いしたいと思います

新春賀詞交歓会

20200123.jpeg午前中の仕事を終えて、午後から成田商工会議所の新年賀詞交換会へと行ってきました

どうしても会いたかった方に聞きたかったことや、お互いに存じていたとはいえ未だちゃんと挨拶をしたことがなかった方、いつもお世話になっている方、今後お世話になることがある方、初めてお会いする方、懐かしい方と多くの結びを頂戴しました

今年もたくさんの方のお世話になりますので、どうぞよろしくお願い致します

解体終了

20200122.jpeg隣のウチの解体も終わりました

江戸中期位の母屋(今住んでおります)古民家再生、そして解体した家(昭和60年)、以前は家の裏の崖は木が鬱蒼と生い茂っており、高さも今よりかなり有りました

手前の蔵の裏にはさらに木小屋もあったりと、御先祖様が今のこの景色を見たらさぞかしビックリすることでしょう

でも、今やらなければ今後誰かがやらねばならず、後世家を守る為にその節目に私たちの代がたまたま当たったのだと思います

和田神明神社立替

20200121.jpeg本日は和田の神明神社の立替にて、地鎮祭

崖の上に鎮座しているお社は、昨年の台風にて5メートル程吹き飛ばされ、ブルーシートを張ってある金網も倒れ、周りでは大木が3本根こそぎ倒れるといった被害がありました

新しいお社は、木建てではなく石のお社になるようで、基礎から丈夫につくり、場所も気持ち崖から離れた位置へ鎮座することとなりました

とにかく自分たちの鎮守様を早く元通りにしたいという、氏子さん方の気持ちが強く、来月の御奉射に合わせて竣工出来るように進められております

日吉倉四所神社

20200120.jpeg本日は日吉倉鎮守の四所神社の御奉射

こちらの四所神社は、空港移転で昭和34年芝山の岩山地区からいらっしゃった17名ですが崇敬の念厚く、境内の一部を譲渡、そしてこの日吉倉に新たに四所神社を建立、遷座となりました

この画像を撮っている場所は、社務所件集会所となっており、お社は画像の向こう側(東関東道路を跨いで林の中)に鎮座しております

変わらぬ信仰が有り難いです

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の写真

  • 20200130.jpeg
  • 20200129.jpeg
  • 20200128.jpeg
  • 20200127.jpeg
  • 20200126.jpeg
  • 20200125.jpeg
  • 20200123.jpeg
  • 20200122.jpeg

月別 アーカイブ