埴生神社の様子
 

職人技

20200730.jpeg頼んでいた、手水の柄杓の台座がきました

相欠き継ぎ、枘(ホゾ)組と、職人技のオンパレード

いくら職人さんといえども、とても90過ぎの方が作ったとは思えません

木材も青森ヒバで、水に強くよく家の土台とかにも使われ、匂いも強めで(いい香りです)虫がつかないもので拵えてくださり、仮置きしていた私作成のものはサッと片付けました

手に職とはいうものの、改めて職人さんの技に感動しました

時を越え、世代を越えて

20200729.jpeg本日は、氏神様の昇神(神様の引越しにて一時的にお戻り頂く)の祈祷にて出かけました

御扉を開け中を確認すると、お稲荷さんが御鎮座され、棟札が納められておりました

棟札を覗いてみると宮?廣重の名が確認できました

私から5代前の御先祖様が、この氏神様を御造営する際に御祈祷をしたのかと思うと、急に親が湧くと同時に、変な緊張を覚えました

時を越え、世代を越えて御奉仕出来た事、そしてお施主さんともそれだけ永い永い付き合いがあったのだと、ただただ感謝

成田の未来へ

20200728.jpeg新型コロナ感染症で、バタバタしている中、1月から6月にかけて小菅地区の地区計画の話が進められておりました

成田国際空港まで1キロ圏内、約42haもの広大な土地に、観光・商業集積地区、ビジネス・医療集積地区があり、ホテル・旅館、店舗・飲食店、事務所や劇場・映画館、遊技場・展示場・研究施設等々、様々な施設が建設される予定です

遊技場とありますが、パチンコ店、スロットマシンをなどを置く施設の立地は認めていないそうで、カジノとも関連はないそうです

本日は、まず開発事業を行う上での地鎮祭と安全祈願を兼ねて齋行

お施主さんや、施工業者さんも都内や県外の大手の企業ばかりでしたが、実際開発工事に関わるのは地元業社を募って行うとのことで、これはちょっと安心

とてつもなく大きなプロジェクトなのですが、現在の場所が山で木が覆い茂っておりますので、全く想像がつきません

松崎二宮神社例祭

20200727.jpeg昨日の保目神社に引き続き、本日は松崎鎮座の二宮神社の例祭

この2社は喧嘩神輿と言われており、その名通り荒々しく担いで御神威をかがふり奉るのですが、二宮神社の喧嘩神輿は、現在はすっかり大人しくなってしまいました

というのも、二宮神社の神輿は還御(神社に神輿が戻ってくる)の際、拝殿の天井を突き破ってから納めていたのですが、数年前に拝殿が新しくなってからというもの、行われなくなったのです

なので、お祭りのさいに神輿が御殿の中にあるのが、久しぶりでちょっと懐かしく思いました

寺台保目神社例祭

20200726.jpeg本日は、寺台鎮守の保目(ほうめ)神社の例祭

やっぱり静かです...

子ども相撲大会や、神輿、山車の運行も中止

神事だけひっそり齋行

神輿の渡御があれば、夏を無事に越えられるお赤飯を頂く事が出来たのに、それも叶わず...

ただ、何度も申し上げますが、祭典だけでもやって頂き、本当に感謝です

上達

20200725.jpeg神饌であがった鯛を下げました

最近鱗を取る係がミオと定着したようで、鱗取りで上手に取って行きます

背鰭なども手に刺さる場合があるのですが、数回目にしてかなり上達したよう

さすがに内臓や、三枚に下ろすのはカミさんがやりますが、鱗を剥がす時にはちゃんと胸鰭をエラに挟んだりと、玄人なみです

どうやら、YouTube先生から教えを頂いたみたいです

まぁ、お手伝いしてくれるので、Google先生も、YouTube先生も、良しとします

雷神社例祭

20200724.jpeg本日は山口区鎮座の雷神社の例祭日

例年なら、朝花火が上がるのでお祭りだなぁ〜と、こちらも気持ちが高揚するのですが、本年は自粛にてこじんまり...

もちろん花火も上がりませんでした

ウチの親戚のおじさんが誕生日なので、毎年自分の誕生日を祝うかのように花火が上がっていたのに、残念

区長さんも、今年はこんなに縮小で寂しい限り、来年は盛大にやりたいですねと仰っておりました

自粛モードの中でも、しっかりと神社のお祭りをして下さってありがとうございます

いたるところから

20200723.jpegそれにしても梅雨明けしませんねぇ

毎日何処かの時間帯で必ず雨が降っている感じがします

ジメジメしておりますので、神社ではいたるところから、様々なキノコが生えてきております

食べられるのか、食べられないのか、名前さえもわかりませんが、見渡すだけで3、4種類くらいあります

しかも、昨日までなかったのに、急に大きく成長するキノコもあったりと、梅雨の外を楽しませてくれます

井戸(水場)のお祓い

20200722.jpeg神社では色々なお祓いをします

滅多にないことですが、自ら命を絶ってしまった場所のお祓いや、孤独死の現場のお祓い、霊が出るのでそのお祓い(除霊ではなくその場所のお祓い)等等

最初はちょっと恐い感じがしましたが、そんな中でも、一番気を付けているのは実は井戸(水場)のお祓いなんです

科学的根拠は全くわかりませんが、皆さんも水が合わないだとか、住まいで鬼門の方角に水場があると、あまり宜しくないだとかは聞いたことがあると思います

当たり前のようにあるものに、感謝の心を忘れてしまわないよう、ご祈祷します

とりあえず

20200721.jpeg手水の柄杓を、殺菌・消毒がしやすいために、竹製の物からプラスチック製の物に変えました

それに伴い、柄杓を受ける台座も、近所の建具店へ発注

それまでの間、ちょっと粗末で申し訳ございませんが、お手製の代位用品で対応

檜なので、香りは良いです

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の写真

  • 20200730.jpeg
  • 20200729.jpeg
  • 20200728.jpeg
  • 20200727.jpeg
  • 20200726.jpeg
  • 20200725.jpeg
  • 20200724.jpeg
  • 20200723.jpeg

月別 アーカイブ