埴生神社の様子
 

成人の日も過ぎ

20190115.jpeg

昨日の成人の日も過ぎ、小正月、元服(奈良時代からの成人を示す通過儀礼)の儀である15

長らく飾っていた松飾りを下げました

急に簡素な御殿前となりましたが、15日の特別御朱印の日でもあったため、御祈祷のほか参拝の方が多くいらっしゃいました

こと成田にいるといつまでが正月なんだろうとつくづく思います

茫々

20190114.jpeg

暮れに頂いた春の七草

七草粥で頂きたいところですが、参拝の方に受けが良いので、そのまま社頭に置いております

社務所の待合室の中なので、外よりは暖かくどんどん成長しております

もう名札も見えないくらい茫々...

春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろこれぞ七草と古歌にも歌われます

ちょっとずつ

20190113.jpeg

つい先日まで神社を締める頃にはあんなにも真っ暗だったのに、もうちょっとずつ日が長くなってきたのが感じられるようになってきました

寒さはまだまだ日に日に冷え込みが厳しくなっておりますが、それでも日が長くなってくるのは嬉しいです

ただ、神社を開けるときには朝はまだまだ真っ暗です

結婚式

20190112.jpeg

正月祈祷の合間を縫って、神社にて結婚式がありました

いつもはオヤジと2人奉仕なのですが、ちょっと外仕事へ出かけているため、カミさんとの2人奉仕...

いや、結婚式なので有難いことなのですが、大先輩のカミさんとの奉仕は、オヤジ以上に緊張します...

新郎新婦と一緒で、初々しさが...

空の湯

20190111.jpeg

本日は地鎮祭へと行ってきました

場所は成田国際空港のすぐ側

何が建つかと申し上げますと、温泉施設でその名も成田空港温泉空の湯

3F建てにて、フィットネスクラブ等も完備した温泉施設になるそうです

芝山千代田(芝山鉄道は東成田駅と当駅の2駅区間2,2キロ区間しかありません)の駅前ですので、空港から近いのと駐車場も広く有りますので交通の便が良く、完成が楽しみです

朝の一仕事

20190110.jpeg

この時期は掃除の他に、灯油の給油も朝の一仕事

まだ身体がシャキッとしていないので、灯油の入ったポリ容器は慎重に持ち上げるよう心掛けております

いつだったか背中がピキッと、しばらく痛みが続いたことで、ちょっとビビりがち...

若い時には、これだけの動作に何の気を使うことも無かったのに...

清々しく

20190108.jpeg

午前中の仕事御祈祷を済ませ、留守をお願いし午後から香取神宮へと行ってきました

正月明けから曇りはあったものの本当に穏やかな天気で、清々しい気持ちで御殿に上がりました

御祈祷後はまたすぐ神社に戻り社務

忙しさは変わりませんが、とりあえず一区切りついたことで気持ちもスッキリ

成田山新勝寺

20190107.jpeg本日より仕事始めの企業も多いため朝から、お札のお届けでバイクを走らせております

その道すがら成田山に初詣り

朝も早かったので気持ちの良いお詣りが出来ました

神社に戻ってからは、ひらすら御祈祷

まだまだ正月真っ只中ですね

厄除け祈願

20190106.jpeg正月明けから多いの祈願の1つに厄除け祈願があります

基本的には数え年で

男は25歳、42歳、61歳

女は19歳、33歳、37歳

が、厄年としてその前後が前厄、後厄となります

厄除けに関しては、その根拠たるものが明確にあるわけでは無いのですが、平安時代の時から既に厄除けはあったそうです

男女ともに色々な節目に当たる年齢であり、自分の体力的、家庭、仕事、様々な場所でこの年齢時に変化があるとされることから、凶事や災難が最小限に済むようにと、祈祷や加持でお祓いをする習慣とされております

必勝祈願

20190105.jpeg本日はスミ&ミオの所属する少年野球のチームの必勝祈願がありました

祝詞の中では、心と身体がまず清浄であること、チームみんなが一丸となること、チームに事故や怪我がないこと、そして最後に勝負しなければならない時には、その力を十分に発揮できる様にと奏上

勝つことによって子ども達や保護者のモチベーションは上がりますが、チームの方針も野球を通して健全な子どもの育成がまず第1なので、すくすくと成長してくれれば安泰です

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の写真

  • 20190115.jpeg
  • 20190114.jpeg
  • 20190113.jpeg
  • 20190112.jpeg
  • 20190111.jpeg
  • 20190110.jpeg
  • 20190108.jpeg
  • 20190107.jpeg

月別 アーカイブ