埴生神社の様子
 

明日は浅間様です

20200531.jpeg明日水無月の朔日は月参り、特別御朱印とありますが、なんといっても浅間様参りです

緊急事態宣言解除後の、日曜戌の日で朝から多くのご祈祷が入っているため、子ども達3人も掃除部隊で手伝ってもらいました

子ども達が小さい時は、ただただ側にくっついて、お手伝いといえども2度手間だったり、正直戦力とはなりませんでしたが、高校2年、中学2年、小学5年ともなると、見違えるほどの戦力として大活躍

もし、カミさんと2人での掃除だとおそらく3時間コースだったと思いますが、1時間ほどで終了

終わった途端に子ども達はウチへ戻りましたが、明日からの学校でこの戦力が使えないのがとっても残念...

気持ちよく、御参拝いただけると思います

自治会集会所地鎮祭

20200530.jpeg本日は、自治会集会所の地鎮祭へと行ってきました

前自治会長さんより御依頼を賜り、現自治会長さん、施工業社さんと全員良くお世話になっていらっしゃる皆さんなので、他の自治会の皆さんはどうゆうつながりなんだろうと、ちょっと不思議そうになさっておりました

自治会の皆さんも、若い方から大先輩まで幅の広い役員さんがお揃いのようでかなり良い雰囲気に感じました

田舎や、縛りがあるようなほぼほぼ年功序列による体制もまた大事ではあると思いますが、全ての年齢層が同じ方向を向けて、お互いに出来る事を最大限に発揮出来る環境が何よりだと思います

その環境づくりの1つである、集会所の安全な工期を御祈念申し上げます

往復4時間

20200528.jpeg本日は、6月に使用予定の茅の輪の受け取りに、常陸太田までロングドライブ

大きいものなので、輸送が困難とのことで、レンタカーを借りて行ってきました

車を乗り始めたとき(20年以上前)には、成田から常磐道に入るまで、1時間半くらい下道を走り、桜土浦で乗るのが一番早かったのですが、圏央道が成田までつながったことにより、桜土浦まで40分もかからないくらいに短縮

途中の標識案内では、あれだけ遠かった袋田の滝(3時間半くらい)も2時間ちょっとの時間となったことに、改めてビックリ

受け取りの工場の直ぐ近くに竜神大吊橋があったので、ちょっと寄り道

距離こそかなり走りましたが、休憩やお昼で1時間半くらいゆっくりし、実際走行したのは4時間半くらいでしょうか

特別なお守り

20200527.jpeg神社で、特別なお守りを準備しました

1万円のお宮参りの御祈祷の際におつけする以外には、社頭でも見るとこが出来ません(お守りだけの頒布はしておりません)

御殿でのお参りは7000円の御祈祷と一緒ですが、お守りや、お食い初めの食器、同じく先に新しく準備したどろ石けん(大)と、かなり贅沢なお下がりとなりました

それでも今後の少子化に向け、大事なお子様が健やかに育って欲しいと願うばかりです

昔話の中に

20200526.jpeg本日は地鎮祭へと行ってきました

ちょっと早めについたので、お施主さんとお話

大きな畑を共同住宅にするとのことでしたが、話はその畑の前のことや、この辺の土地の移り変わりの話へと...

思わず話し込んでしまって、施工さんの視線を感じて定刻が過ぎていることに気づかされました...

私たち神主の仕事の1つとして、昔の事を知っていおかなければならないので、昔話になるとついついあれは?これは?と聞いてしまいます...

お持ち帰り

20200525.jpegもうずいぶんと外食もしておりませんが、成田ではドライブスルー弁当や、各お店でお持ち帰り等増えましたので、定期的に外のご飯を頂いております

今日は、夕方の散歩の帰り道に広島お好み焼きのオツルで、テイクアウト

こちらの店舗の設計士さんは、ウチの設計士さんと一緒だったので、オープンしたら行きたいと思っていたのですが、世の中がこんな状況なので、なかなか来れずにいました

今日はお持ち帰りですが、落ち着いたらお店でご馳走になりたいです

後ろから支えさせて頂きます

20200524.jpeg午後から、書面表決にて総会を行った団体の賛否の確認作業がありました

何通かまだ返信が無かったものもありますが、賛成多数にて全ての議案が可決しました

確認作業には庶務会計のお二人にお願いをし、作業会場を提供してくださった常任理事さんもお手伝いして下さいました

私は、立場上ただただその確認作業を眺めてるだけでしたが、とりあえず無事に本年度会長へバトンタッチすることが出来てホッとしました

この状況下故、新会長には大変な苦労があると思いますが、今後も後ろから支えさせて頂きます

赤ちゃん

20200523.jpegウチを出るときには気づきませんでしたが、神社についてふとフロントガラスに目が行くと、カマキリの赤ちゃんがしがみついておりました

まだ、色も半透明なので、生まれたばかりだと思いますが、しっかりとファイティングポーズ(拝んでおりました)

体長3センチくらいでしょうか?これから幾多の困難や危険を乗り越えて、大きく成長するのが楽しみです

新しい生活へ向けて

20200521.jpeg5月いっぱいで何とかこの緊急事態宣言も解除されて欲しいものです

それでも、ワクチン等安全が確認出来るまでは、新しい生活様式にて対応していかなければなりません

ただ、この2,3ヶ月間の生活の中で、本当に必要なことや、もしかしたら無くても良いようなことの精査も出来たのではないかと思います

そんな中で神社やお寺、いわゆる神様、仏様への祈るという特異性が際立った期間でもありました

普段なら自分のことをお願いすることが多いのですが、多くの参拝の皆さんまずはこの現状の回復や、緊急事態宣言中に働かなければならない方への感謝、家族や友人の安否に先ず手を合わせていたということです

この先、解除になっても経済的に厳しい状況が続くことが懸念されますが、この心の暖かさだけは忘れずにありたいものです

夏の甲子園

20200520.jpegお昼過ぎ、夏の甲子園も中止になったとハルが教えてくれました

この状況下で、本人達ももしかしたらという思いはあったものの、現実になるとやっぱりちょっと気持ちの整理が難しいようです

3年生の先輩に至っては、もっと複雑な気持ちでいることでしょう

野球だけではなく、インターハイ等々様々な大会の1つの目標やゴールがなくなっていくことにやるせなさを感じますが、自分たちのやってきたことはこれからの糧になっていく事も、間違いありません

何より、そのやってきたことをいつまでも好きでいられる、続けていけるならそれがとても素晴らしい事だと思ってもらいたいです

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の写真

  • 20200531.jpeg
  • 20200530.jpeg
  • 20200528.jpeg
  • 20200527.jpeg
  • 20200526.jpeg
  • 20200525.jpeg
  • 20200524.jpeg
  • 20200523.jpeg

月別 アーカイブ