埴生神社の様子
 

Bamboo work

take1.JPG
ここ数年、この時期になると竹細工を始めます

総代さんの山に入り、良さそうな竹(孟宗竹)を物色
今年はこの中央のに決めました

去年の作品は、太さはあったのですが新竹(その年に生えてきた竹)だったらしく、切って1週間くらいで、茶色になってしまったのを反省し、今年は新竹ではなさそうなのをのをChoice(根の方に竹の皮がついていないとか、下の方が黄色っぽくなってるとか聞きましたが、はっきり言って自信なし!)

とりあえず、チェンソーでカット
ズシンッ!!という大きな音を立て地面に切り口が落ちましが、画像の通り竹が密集している為、まったく倒れず・・・

倒すまでは、体力勝負となりました
し、しかし、お、重い・・・たっぷり水分を含んでいるため、びくともしません
大きく息を吸い込み、火事場の馬鹿力でなんとか倒すことが出来ました

take2.JPG
あとは、またチェンソーで手頃なサイズにカット、カット、カット・・・
神社に持って帰り、今度はのこぎりにて、慎重に竹を引いていきます
続いて鑿(のみ)と金槌にて軽く穴をあけ、竹を組み合わせ(両足に乗せただけ)ていきます

最後は棕櫚(しゅろ)の縄にて、縛り&飾りをつくり竹製の結界の出来上がり

結界といっても、神社では両足の間に菊を飾り、見栄えの効果の方が大きいですけど・・・

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の写真

  • 20180817.jpg
  • 20180816.jpg
  • 20180815.jpg
  • 20180814.jpg
  • 20180813.jpg
  • 20180812.jpg
  • 20180811.jpg
  • 20180810.jpg

月別 アーカイブ