埴生神社の様子
 

[ 埴生神社 ] の最近のブログ記事

神棚設置

20190322.jpeg本日は、成田国際空港内で神棚設置のお祓いに行ってきました

空港内ではとにかく車の駐車がうまく停めれないと、苦労します

事前確認の電話でも、1番近い駐車場等を聞いていたのですが、そこから祭壇等を運ぶことを考えるとどこが良いか悩むところ

電話で到着を報告し、台車を持って迎えにきてもらいました

そこから歩くこと10分、関係者以外立ち入り禁止の鉄扉を2枚ほど抜けてやっと到着

祭典も無事終了

お天気もあり、一汗かきました

MAKI OHGURO MUSIC MUSCLE TOUR 2019

20190321.jpeg本日は、成田国際文化会館へと御祈祷に行ってきました

本日より大黒摩季さんの全国ツアーがこの成田を皮切りに始まるのですが、このツアーの安全祈願をコンサート前に奉仕

ステージでダンサーの方がリハーサルをしている中祭壇を組み、時間まで待機

大黒摩季さんをはじめ、このツアーに関わる方が観客席に座り、ステージ上では私のオンステージと、何だか変な感じ...

祭典後、大黒摩季さんをはじめスタッフの皆さんと集合写真

マッスルツアーなので、拳をあげて下さいとリクエストされ、調子に乗ってパシャリッ!

最終NHKホールまで、お身体に気を付けて無事ツアーが盛大でありますよう、心より御祈念申し上げます

オブザーバー

20190320.jpeg本日は、印旛郡市神社総代会の理事会へオブザーバーとして出席

総代会と、支部(神職会)はまさに持ちつ持たれつの関係なので、互いにこの時期の決算、役員の改選等はお声がかかります

厳密にはオブザーバーという形になるのですが、来年度の予定等の擦り合わせもあるので、お互いに和気藹々と理事会は進みます

また今回のように年に幾度も会議でお会いしたり、研修旅行でご一緒したり、事あるごとにお酒を酌み交わしますので、今日の理事会終了後の直会もみんなご機嫌

良好な関係はお互いの発展に寄与します

何が出来るかな?

20190318.jpeg三郷台の大きな通り沿いにて久しく空き地だった場所で、地鎮祭がありました

かなり広い場所だったので、次は何が建つのかなぁと思っていたところ

四方祓い(切麻散米)では、テント内で済ますこともあるのですが、ぐるっと一回り

事故のない、良い場所であるよう祈願致しました

お天気も良く、絶好の地鎮祭日和でした

産土神社のほかに

20190317.jpeg本日は権現様・弁財天様のお祭り

郷部大橋のたもとに鎮座している権現様は、男根の石像で魂生様として祀られ、弁財天様はいわゆる水の神様をはじめ言語や財産の御神徳があると祀られております

どちらも、以前は違う場所にあったのですが、区画整理の際にこの隣にある石橋地蔵尊と共にこの一画に集められ、絶える事なくお祭りが続けられております

権現様・弁財天様も家族や村の繁栄を望む素朴なものですが、それが1番大切な信仰であるとも言えます

地鎮祭

20190316.jpeg本日は地鎮祭に出かけました

今回の地鎮祭を行う場所には以前建物が建っており、前回の地鎮祭は、ウチも先代でお施主さんも先代がお祭りをしたそうで、今回私が奉仕で、お施主さんも代替わり

神様を通じ、世代を越えてお付き合い頂いております

ところで地鎮祭って同じところに建物を建てるのにまたやるものでしょうか?

通例はお祭りを再度行うものとされております

まず、土をいじることからその土地の神様や産土様にお伺いをたて、またそれに関する工事作業の安全も地鎮祭のお祭りの中に組み込まれているからです

いつまでも住み良い良きところでありますよう祈念申し上げます

初めての奉仕

20190310.jpeg長らく神主をやっておりますが、まだ奉仕したことのないお社もありました

というのも、奉仕が色々重なる時にはオヤジと手分けをしてやってきたので、そういうこともしばしば

世話人さんとの準備期間を含め、約1ケ月くらい前から打ち合わせや、御神札等の確認

あとは、オヤジがどうやって奉仕していたかを聞いて、当日現場で最終打ち合わせ

初めて伺うところは出来る限り、昔ながらの奉仕の仕方を踏襲しつつ、現在の祭式と照らし合わせ修正した方がいいのか、継続した方がいいのかを確認するようにしております

まぁ、頑固に変えることはまずありませんが...

いつの間にか

20190308.jpegつい先日まで朝御殿を開けるときにはまだまだ真っ暗で、電気を付けなければ社務所も何も見えずにいたのですが、ここにきてだいぶ明るくなってきたようです

四季があり、朝晩があり、地球上の中で日本という国土の奇跡的な位置に、改めて感動

一足先に梅の花は咲きましたが、これから草木もどんどん繁ってくることでしょう

景色が一変し始めるこの短い期間も大好きな季節です

社運隆昌

20190305.jpeg本日は企業の御祈願へと行ってきました

立派な神棚にお米やお酒お塩、榊とお祭りも欠かせずやっているようです

その志や継続して崇拝なさっているお気持ちだけでも、素晴らしいと思っておりますが、社員の方から実はお米やお酒の並べ方、御神札の取り扱い方についてははっきりと理解しているわけではないとのこと

説明しながら準備を進めていると、他の社員の方からも色々と質問をいただきました

祭典も無事終わり、代表の方とお話をしましたが、こちらからもいくつか質問をいただきました

本当にありがたいです

社運の隆昌を心より祈念申し上げます

まだ結構あるみたいです

20190227.jpeg本日は解体のお祓いへと行ってきました

古い建物の柱にはモコモコとアスベスト

解体業社も資格を有する特別管理産業廃棄物管理責任者を工事現場ごとに置く必要があったり、石渡の飛散防止対策で建物を全て囲いで覆ったりと、その作業は大変なようです

昭和50年に建物の吹き付けアスベストの使用が禁止なっておりますが、それ以前の建物で現存しているものにはまだまだ多く残っているようです

解体の安全を心より祈念申し上げます

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の写真

  • 20190322.jpeg
  • 20190321.jpeg
  • 20190320.jpeg
  • 20190318.jpeg
  • 20190317.jpeg
  • 20190316.jpeg
  • 20190310.jpeg
  • 20190308.jpeg

月別 アーカイブ