埴生神社の様子
 

[ 埴生神社 ] の最近のブログ記事

新たな選択肢として

20190206.jpeg御参拝頂く方から、腹巻タイプの腹帯はありませんか?

という問いが増えて来たので、既存の晒しタイプ(マジックテープ止め)の他に、腹巻タイプの腹帯も準備しまいた

こちらは、サイズがMとLの2種類あります

早速、お祓いを済ませました

戌の日に限らず、安産の御祈祷を受け付けております

如月

20190201.jpeg今年もあと11ヶ月となりました...

昨晩ちょっとだけ積もった雪かきをしようと、スコップを持ち出しましたが、もうガチガチに凍っており、これはお日様の力を頼るしかない状況

鳥居下の階段と拝殿前の階段が特に滑りますので、注意書きを書いた三角コーンを置いておりますが、したばかりではなく、頭上の屋根の落雪にも十分にお気をつけ下さい

明日からはお天気のようで、初午、節分、旧暦正月とお祭りが続きます

業務中につき

20190129.jpeg本日は、株式会社ANAケータリングサービスさんの車の回転(旋回?)するための大きな車場の安全祈願へと行って来ました

大きなトラックが車場をめいいっぱい使って回転するために、真ん中の祭壇の場所は安全地帯...

準備の時もそうですが、祭典の時も、業務中につき数分おきにはトラックが回転をしていきます

それにしても見事にトラックが回転していくのは見応えがあります

ちなみに左奥は、大山神社の大きな鞘殿(神社自体をさらに建物で覆っております)です

どおりで寒いわけです

20190126.jpeg足元がどうにもあったまらずに寒いなぁ〜と思って過ごしていたのですが、午後から雪が...

つもる程の降りかたではないにしろ、溶けずに白く薄化粧しているということは、それだけ冷えてるってことですよね...ブルブル

とりあえず、明日の朝の1番の仕事は、サボっていたスタットレスタイヤに直ぐに履き替えることとなりそうです

皆様も、早朝の時間帯はお気をつけ下さいませ

鎮守の杜を育てる

20190121.jpeg昨年切り倒した榊の木ですが、この寒さの中とはいえ、ニョキニョキと成長をしております

生命の偉大さに感謝

やはりある程度まで根を生やしたものであれば、しっかりと再生してくれることが確認できたことも、これから鎮守の杜を育てていく上で1つ勉強になりました

実は切った後に、掘って抜根をしようかどうか迷っていたところでもあったのです

新しい苗木や、挿し木から育てるかの選択もあったのですが、とりあえずは新しい成長を見届けてみたいと思います

郷部男御奉射

20190120.jpeg本日は地元郷部の男御奉射

昨日もおびしゃについて表記しましたが、その多くの地域では吉凶の占いが省略されお酒を飲む作法に変わってきております

まぁ、新年会という名目もありますが、公認でお酒が飲めるお祭りとでも申しましょうか...

昔ほどではないにしろ、それでも今日ばかりは日本酒をたらふく頂戴しました

御奉射の後は、区の新年会、その後総代さんの家で一杯

10時間以上飲んでる1日...

梅も膨らんできました

20190117.jpegこの陽気からか、梅の蕾も段々と膨らみ始めてきました

でも、寒さが増すのはここからですので、花が咲くまではまだまだじっと我慢が続くと思います

正月中はだいぶ穏やかなお天気が続き、今尚雨も少なく乾燥している状態ですが、朝晩の冷え込みは増してきているようです

火の元に、十分注意をして下さい

事故多し

20190116.jpeg子ども達が暮れに一生懸命窓掃除をしてくれたせいもあってか、鳥が激突する事故が多いです

今年に入ってから既に3件目...

画像の鳩くらいの大きさなら、すぐに飛び立っていくのですが、ちょっと小さくなってくるとぶつかった衝撃で脳震盪を起こすようで、しばらく動けずにいます

そんな中、本日もまた1羽ぶつかってきました

どうやら社務所と御殿の間の水場で、水浴びをした後に事故が起こるようです

憩いの水場も、それが仇になるとは...

成人の日も過ぎ

20190115.jpeg

昨日の成人の日も過ぎ、小正月、元服(奈良時代からの成人を示す通過儀礼)の儀である15

長らく飾っていた松飾りを下げました

急に簡素な御殿前となりましたが、15日の特別御朱印の日でもあったため、御祈祷のほか参拝の方が多くいらっしゃいました

こと成田にいるといつまでが正月なんだろうとつくづく思います

茫々

20190114.jpeg

暮れに頂いた春の七草

七草粥で頂きたいところですが、参拝の方に受けが良いので、そのまま社頭に置いております

社務所の待合室の中なので、外よりは暖かくどんどん成長しております

もう名札も見えないくらい茫々...

春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろこれぞ七草と古歌にも歌われます

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近の写真

  • 20190206.jpeg
  • 20190201.jpeg
  • 20190129.jpeg
  • 20190126.jpeg
  • 20190121.jpeg
  • 20190120.jpeg
  • 20190117.jpeg
  • 20190116.jpeg

月別 アーカイブ