埴生神社の様子
 

[ 埴生神社 ] の最近のブログ記事

次の世代へ

20180914.jpg

本日も地鎮祭へと出かけました

この地で19代続くお宅で、若夫婦が母屋の隣に家を建てて戻って来てくれるとのことで、準備の最中からおじいちゃんを始め、ご家族皆さん嬉しそうに参列

直前まで降っていた雨も、祭典が始まる頃にはなんとか止んでくれました

足場はぬかるんでいるため、井戸や四方のお祓いも足場が良くなってからで良いですよとご案内したのですが、今日やった方が気持ちもスッキリするのでと、ご家族で移動してしっかりと奉仕

雨天だったとはいえ、気持ちの良い地鎮祭でした

広い敷地に

20180913.jpg

本日の地鎮祭の会場は、とんでもなく広い土地でした

斎場のテントもかなり大きなテントですが、遠目だと小さく見えます

流通拠点となる大きな箱型のようですが、それにしても広くて、今まで見ていた景色も建物が出来上がると大きく変わってくると思います

駐車場から歩いていくのもなかなか距離があり、これから色々整備されていくのが楽しみです

濃すぎるくらい

20180912.jpg

今年何度目かの睡蓮が花を咲かせました

相変わらず色が濃くて、自然界の色では無いくらいのピンク

そういえば睡蓮と蓮ってどう違うのかわかりますか?

私もこれが睡蓮って言われて池に咲いているので睡蓮だと言えますが、2つが同じ池に咲いてたら...

睡蓮の葉っぱは切り込みがあり、蓮には無いそうです

花で言うと水面に咲くのが睡蓮、水面の上の方で咲くのが蓮とのこと(まれに睡蓮でも水面の上の方で咲くのがあるそうです...

なるほど

無防備

20180910.jpg

本日は地鎮祭へと出かけました

雨上がりで、道を挟んで奥には竹林

開式前からずいぶんと蚊が飛んでいるのが確認出来、ちょっと不安な感じ...

祭典が始まると、蚊を追い遣る術がないのです

案の定、祝詞奏上で無防備状態のおり、人差し指に蚊が止まりました

もうされるがまま、だいぶお腹いっぱいになったと思います...

神事中につき殺生は勿論御法度

虫除けスプレーを忘れた私の負けでした

新芽?紅葉?

20180909.jpg

境内の楓が色づき始めました

確かに季節は秋、9月も半ばへと入っていることを思えばそうかな?とも...

でもよく見ると、新芽のような気もします

葉っぱのもとを見てみると茎が若いので、どうやら新芽のような感じです

微妙な季節ですが、確かに落葉樹は徐々にその葉っぱの色を変えて、早いものは既に少しずつですが落葉もしております

秋ですねぇ(食欲の...

意外と速いのです

20180907.jpg

お祭りで使用する榊の剪定

カタツムリがついていたので、画像に押さえたくて、携帯を取りに行って戻って来たのですが、そのわずかな時間で一瞬見失ってしまいました

意外な移動スピードにちょっとビックリしましたが、よく考えたらカタツムリだってビックリしてますよね

葉っぱの裏に隠れていたのに、ひっくり返された上にちょっと放置状態、いつ天敵が来てもおかしくない状況下で、そりゃ一生懸命移動します

この後ちゃんと他の葉っぱの裏に移動させました

驚かせて、ゴメンよ

祭式講習会

20180906.jpg

本日は千葉県神社庁へ祭式講習会へと出かけました

祭式とはお祭りを施行する上での細則(順序や作法)で、古くは律令制?明治まで以降全国の祭式を統一し、その研究も盛んに行われ未だに少しずつですが、毎年更新されております

たかだか10年以上前の祭式とも多少変わっているところもあるので、神主さんは御神前で奉仕するうえで、知っておかなければならないものの1つです

今日は地鎮祭についての講習でしたが、神社の祭式とは違い、外での祭場となるため県内においてもその地域性があったりと、なかなか細かいところでは色々な意見も飛び交い、とても有意義な時間を過ごしました

4支部合同研修会

20180904.jpg本日は、千葉支部、市原市部、印旛支部、東葛支部の4支部合同研修会にて船橋へと行って来ました

研修内容は講演ですが、株式会社小西美術工藝社のデービット・アトキンソン社長を講師に招き

「文化財・歴史的建造物の修理修復に係る技術と、観光立国のあり方について〜文化財を抱える神社の役割〜」

と題し2部構成にて講演頂きました

多くの文化財の修理修復をしている小西美術工藝社の話は勿論、金融経済のプロである視点からとても面白いお話を伺えました

真面目に、継続的に、本質を見誤らず、精進していかなければ...

罪穢れ

20180831.jpg12月末、6月末の大祓いは知られておりますが、信仰の町成田では正月、5月、9月のお詣り月に入る前に晦日(みそか)祓いを行います

ご神前やご仏前にお詣りをする時は、心身共に清浄でありたいものです

私たちは日常の生活において知らず知らずに罪や穢れを侵しております

例えば、歩いているときに蟻を踏んづけてしまったとか、蚊を叩いたとか...

ウチでも家族全員のお祓いと各部屋等お祓いをし、明日からまた気持ちよく頑張っていきたいと思います

もしかして私ではない?

20180827.jpg今日も最高のお天気

地鎮祭もテントの日陰が有る無しでは大違い

まぁ衣装をつけ、風の通らない一画にて祝詞をあげる私にとっては何をしても大汗...

でも、時折感じる風は何と無くカラッと秋の風になっても来たのかな?

ニュース等のメディアでは熱中症に気をつける様に、水分補給をしっかりとしてくださいと警鐘を促している為、汗だくの私はとにかくこまめにそしてたっぷりの水分補給をします

こんなに汗をかいているのに痩せないなぁと疑問も持ちますが、それ以上に体に取り入れている方が多いのでしょうか?

警鐘は私にではないみたいです...

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の写真

  • 20180914.jpg
  • 20180913.jpg
  • 20180912.jpg
  • 20180910.jpg
  • 20180909.jpg
  • 20180907.jpg
  • 20180906.jpg
  • 20180904.jpg

月別 アーカイブ