埴生神社の様子
 

[ 埴生神社 ] の最近のブログ記事

無事帰宅

20191011.jpeg

氏子研修旅行最終日

今朝は出発もゆっくり、鶴岡市内の本長さんにて漬け物工場見学とお買い物

その後は城址の中をぐるっと散歩しながら、庄内神社を自由参拝

昼食後は最上川の舟下り

船頭さんのアナウンスが面白くって、上手であっという間の船上

お天気にも恵まれ研修旅行の全日程を終えて、おいしい山形空港へ

実はこの3日間、台風の接近にて今日帰れるのか、帰ってもまた先月のようになるのかという心配で、携帯からの情報を常に確認しながら過ごしておりました

帰りの飛行機もだいぶ揺れが大きく、益々不安な気持ちが大きくなって来ましたが、とにかく無事帰宅

後は明日に控えるだけ

素晴らしい健脚

20191010.jpeg氏子研修旅行2日目

朝一は、クラゲの水族館ですっかり有名になった加茂水族館へ

平日にもかかわらずかなりのお客さんで混雑しておりましたが、なんだか不思議な空間

また雲ひとつなく晴れ渡っていたので、鳥海山がともて綺麗で素敵でした

その後は大山にて酒蔵見学、この後正式参拝を控えているので私はぐっと我慢...皆さん随分お酒を買われたようです

お昼をとって、出羽三山神社にて正式参拝

御担当頂きました太田神主さん、有り難く御講話まで頂戴しました宮野宮さん、慎にありがとうございました

その後はバスにて隋神門まで下り、行ける方は現在内部を公開中の五重塔まで...平均年齢が高めだったので何人かは心配だったのですが、なんと全員急な階段を制覇

その健脚ぶりに頭が下がります

その後は湯野浜温泉にて、今日も大宴会

食べて、飲んで、笑って、歌って、いや〜通りで元気なはずです

埴生神社氏子研修旅行初日

20191009.jpeg本日より氏子の皆さんと研修旅行の山形へと向かいます

当初はLCCで成田発の予定だったのですが、チケットが取れず...まだ真っ暗な時間に早起きをして朝7時台の羽田発にておいしい山形空港へ

まぁ8時過ぎにはすでに山形の地にいましたので、1日いっぱい時間が使えるのは嬉しい限り

まずは青池(しょうげ)の石鳥居、まぁマニアックな鳥居で、平安時代に建てられた石鳥居は珍しいそうで、どこぞの神社でもお寺の所有でもないようですが、その先には山寺があるそうです

所要時間15分くらいだったのですが、鳥居のお隣の果樹園の方が、私たちの姿を見るなりちょっと待っててくれと、ウチからわざわざ秋姫というすももを持って来てくださり、千葉県の台風は大変だったねとみんなにご馳走してくれました

旅ってのはいいですねぇ〜高橋さんご馳走までした

その後は湯殿山へお参り

綾に綾に竒しく尊と 湯殿山神の御前を拝み奉る

(あやにあやにくすしくたふと ゆどののみやまの かみのみまえをおろがみまつる)

お次は即身仏で有名な大日坊、ありがたいお話を頂戴した後は月山ダムへ

ちゃんと案内の方がついてくれてダムの中も見学、これがまた意外なほど良かったです

長い1日を終え、一路あつみ温泉へ

そしてここからまた長い夜が始まったとさ...

待つしかない

20191008.jpeg調子良く事務作業をしていたところ、ポンッ!とお知らせが...

どうやらOSのアップデートのようです

所要時間を見ると40分ほどとのことだったので、お昼にかけて丁度かな?と思いついついポチッ!

お昼もほったらかし、午後一での仕事もあったので、それまでの1時間半...

まぁ考えてみれば6年落ちのマシン故、そんな40分で終わるなんて思ってはおりませんでしたが、それにしてもあと10分、9分が長い...

まぁ、ポチッとしたところで待つしかないのですが...

続く命

20191007.jpeg台風15号から4週間

折れた桜の切り株から新しい芽がグングンと伸びておりました

その生命力に敬意を払うとともに、また出て来てくれてありがとうという感謝の気持ちでいっぱいです

切り株を見るたびに、台風の凄まじい影響に心を打たれますが、また何年か後に、春に花を咲かせてくれる楽しみという希望が湧いてきました

自然の力って凄いなぁ〜!

寒くなってきました

20190929.jpeg神社を開ける時間ですが、ここのところだいぶ冷え込んできました

明るさも徐々にではありますが、陽の昇ってくる遅さも合間ってまだ薄暗さが残るようになって、季節の移り変わりがまさに体感して感じられます

それでも日中はちゃんと日が射すとまだまだジリジリと感じられる程...

この寒暖差で体調を崩したり、アレルギーもあったりしますので、皆様もお気をつけ下さい

印旛郡市神社総代会研修旅行

20190925.jpeg本日は印旛郡市神社総代会による1日研修旅行

約100名もの参加を頂き、バス3台連ねて都内へと向かいました

最初は御鎮座100年の節目の年を迎えへ、本殿修復工事が終わり、本殿遷座祭も恙無く終えられたばかりの明治神宮

正式参拝後、昼食

だいぶ時間が押してしまいましたが、出世の階段でお馴染みの愛宕神社へ

こちらも第一期境内整備工事を本日終えたばかりとの事で、両社なんとも御神威が発揚されている時にお参り出来ました

また、いずれも正式参拝だったのですが、千葉県の台風15号の事を気にかけて下さり、とても嬉しくそして恐縮でした

ちなみに出世の階段は、バスで山頂まで行ったので見下ろすだけにとどまりました...出世はありそうもないです

ちょっと広くなりました

20190920.jpeg昨日ですっかり終わった境内の砂利入れ

暗くなる頃にお墓掃除が終わって、神社に寄った時にちょうど終わったので、今朝は改めてお掃除

んっ?今までよりちょっと広くなってる?

砂紋を引くにも今までとはちょっと違い、カーブが多くちょっと慣れるまでは歪かもしれません

見た感じはそれほど変わった感が薄いのですが、掃除をすると何だか全く他の境内掃除のようです

前述の通り、慣れるまでは変化のある新しい掃除に何だかウキウキしながらできそうです

続き

20190918.jpeg台風15号の影響で、ストップしていた境内整備が何とか進みました

10立米もの砂利を敷き詰める作業も、重機があると本当に早いです

とは言っても、しっかりと下地を均してからなので、かなり丁寧な作業となり、また砂利と植木の境目に並べる大き目のごろた石は、ある程度掘っては並べていくという手作業なので、1個7、8キロくらいとは思いますが、それを何十個も運ぶとなると...

雨にも打たれながらも作業は順調、明日には何とか終わりそうとのことです

結構な大きさでした

20190917.jpeg本日は、先日の台風15号で倒木した杉の撤去をいてもらいました

入れるところまでは小型の重機に入ってもらい何とか出来たのですが、木立の中なので最終的にはほぼ人力による作業

何処の被災地でも、このような人力による作業が多いため、その復旧もなかなか進まないのが現状でしょうか

1週間が過ぎましたが、その爪痕はこの成田でもまだまだ残っており、お預かりしている兼務神社でもとにかく何から手をつけて良いのかという状態です

切られた杉も、切り株を見てみると思ってたより大きくて、建物に行かずに本当に良かったと思います

と同時に、道路ぎわの木の剪定等も今後考えなければという心配もあります

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の写真

  • 20191011.jpeg
  • 20191010.jpeg
  • 20191009.jpeg
  • 20191008.jpeg
  • 20191007.jpeg
  • 20190929.jpeg
  • 20190925.jpeg
  • 20190920.jpeg

月別 アーカイブ