埴生神社の様子
 

[ 雅楽 ] の最近のブログ記事

いっちょ前に

20180911.jpg

本日は雅楽のお稽古で香取神宮へと行って来ました

相変わらず上手ではないですし、暗譜も全く進まず...でも、打ち物もやらせてもらっていることもあり、自分の持ち管(笛)だけではなく、他の管の音や合奏中のタイミング等聞こえるようになって来ました

ただ、だからと言ってそれが増えの上達に直結している訳ではありません

同じく習い事の習字にしろいっちょ前に観る目も肥えてきましたが、どちらも如何せん自己研鑽が足りなさ過ぎます...

浦安の舞

20180820.jpg本日は、浦安の舞の奏楽研修と舞の研修

奏楽研修の方はいつも通りの顔ぶれでしたが、舞の研修の方は初心者からベテランさんまで30名程...

当初会場は一箇所でお稽古する予定でしたが、この人数の為奏楽の方は千葉県神社庁にて、舞の方は千葉市中央区鎮座の登渡神社にてお稽古、夕方に奏楽部隊が移動して登渡神社にて奉納

音痴の私は相変わらず音頭(歌いはじめ)で音程がフラフラしており、どうしようもなかったくらい...

歌の上手な方に憧れます

舞のお稽古時はCDの奏楽にあわせて舞うのですが、これが実際の奏楽とあわせるとなるとまたちょっと趣があります

上手い下手(私はこっち)があるかもしれませんが、1人でも多く奏楽や舞で、御神前に奉仕出来る様になってくれるとありがたいです

御鎮座1300年祭安房神社

20180811.jpg本日は、館山は安房国一宮安房神社へ

御鎮座1300年祭(10日、11日)に伴ない、雅楽奉納にて御奉仕

奉納時間は12:30となかなか暖かい時間帯となり、装束を着けた時点でもう大汗...

舞楽もあったので、鉾振や陵王、納曽利の舞人方はそれこそ命懸けだったと思います

平調の音取に始まり、朗詠嘉辰、雞徳、続いて鉾振、陵王、納曽利と舞楽についてはこの暑さ故、多少変則的に短くなりましたが無事奉納

今回も周りの方に助けられながら、大変勉強になりました

御鎮座1300年、おめでとうございます

集中

20180802.jpg本日は、第32回千葉県神社雅楽会の雅楽研修会のため、市川の葛飾八幡宮へ

近年同様雅楽講師は、宮内庁式部職楽部元首席学長上明彦先生(笛)を始め、豊剛秋先生(笙)、久恒壮太郎先生(篳篥)の御三方を迎え、各管は勿論のこと打ち物や糸物のお稽古にも励みました

課題曲は、双調より賀殿急・胡飲酒破、朗詠より嘉辰、舞楽は萬歳楽

午前中は各管毎に、午後より合奏、仕上げは御殿にて奉納演奏と今日1日かなり集中出来たと思います

忘れないうちに復習をしなければ...

千葉県神社庁総代会印旛支部定期総会

20180608.jpg本日は千葉県神社庁総代会印旛支部定期総会へ行ってきました

例年、総会後は講師の先生に講演を賜ったりというのが通例なのですが、本年は雅楽と神楽とのこと

確かに印旛支部は他の支部に比べ雅楽に携わる神主さんが極端に少なく、馴染みが薄いのです

それもあってまず、雅楽の説明から...

とはいっても、ほんの触りだけ(実際私も雅楽の学の方は詳しく無いものですから...)でやっぱり聴いてもらう事が一番

曲は聴いたことがありそうな平調から音取、五常楽急、越天楽、陪臚と浦安の舞

懇親会の席で、たくさんの総代さん方からお声をかけて頂き、雅楽についてちょっとご理解頂けたようです

まぁ雅楽にはなかなか縁遠い印旛支部ですが、神楽(おかぐら)は各地区で伝統的に継承されている神社も多いです

雅楽に関しては大きく変化することは無かったと聴いておりますが、神楽はその昔、都から各地に受け継がれたその地域で独自のものとなり、国風歌舞としてまた都に集められたりと、こちらの方は歴史を紐解いていくとちょっと面白そうです

千葉県雅楽会改め、千葉県神社雅楽会

20180523.jpg本日は、午後から千葉県雅楽会の総会へ出席

今回の総会での大きな目玉は、会則の変更と会の名称変更でしたが、いずれも反対票無く決議されました

会の名称については、第1に関係する団体の活動が全て神社(祭典楽等)に関わっている事、また千葉県雅楽会だと県を代表するようなイメージで恐れ多い事などから会の名称変更へとなりました

まぁ、活動内容が変わるわけでもないですし、特になんの問題も無いわけです

それよりも、本年来年と平成30年の節目、また新しい御代へとなりますので、雅楽会としても活動する機会が多くなりその人材確保が大変になるかと...

精進します

こうも変わるものなんですね

20180520.jpg本日は、午後から小見川まで行って来ました

小見川ロータリークラブの創立50周年記念の祝賀懇親会での1コマで、舞楽の陵王を披露

音頭だったのですが、リハーサルは上手いとは言えませんが、まずまず

迎えた本番...

緊張のせいもあったとは思いますが、会場に人が入った事により、全く音が反響せずにかなり苦しい展開に...

陵王は、当曲(全ての楽器が揃う)まで一人ぼっちで吹くことが多いので、そこに行くまでもどうしたものかと...

結局今回も舞人さんや、鞨鼓、太鼓、小鼓、篳篥、笙の皆さんに助けられました

どおりで

20180419.jpg本日は、雅楽のお稽古に夕方市川へ行っていました

いつものように駐車場へ入れようとすると、警備員の方に今日はもう満車なので、他へお願いしますとの事

年に数回あるので、近所のコインパーキングへ向かったのですが、そこも満車

まぁ、それも承知の上なので次のコインパーキングへ向かうとこそも...

どんどんお稽古場から離れて行き、しまいにはかなり遠くに停めることとなりました

会場に着いてから催物の確認をすると、一番上に超ビッグネームが...

なるほど、それは込み合いますよね

祭祀舞奏楽研修会

20180306.jpg本日は千葉県神社庁に祭祀舞奏楽研修会に行ってきました

祭祀舞とはお祭りの時に舞う朝日舞、豊栄舞、浦安の舞、人長舞等々のことです

16日の神社庁の例祭の打ち合わせも兼ねて今日は朝日舞と豊栄舞の研修

私は例祭当日鉦鼓なので、とりあえず歌(豊栄舞に決まりました)

相変わらずの音痴はどうしようもありませんが、笙や篳篥、笛が入るとなんとなくそれっぽく歌えたでしょうか...

楽の研修のお隣では、舞の研修も同日に行われていたので、午後からはお互いに合わせての合同研修

雅楽や舞を嗜む方は、多いようでやっぱり少ないのです

千葉県内にも各雅楽会がありますので、興味のある方はいかがでしょうか?

吹けば吹くほど

20180219.jpg本日は、雅楽のお稽古で香取神宮へと行ってきました

舞楽の萬歳楽と陵王をお稽古したのですが、萬歳楽は延八拍子といって私が一番苦手な拍子...

陵王は音頭(吹き始め)をやったのですが、息が全く続かず...

両曲とも吹けば吹くほど、混乱と息が持っていかれることに、いつもながらガックリ...

両曲とも曲の中頃にはかなり軽快で大好きな曲なんですけどね

聞くとやるのギャップに今日もノックアウトさせられました

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の写真

  • 20180911.jpg
  • 20180820.jpg
  • 20180811.jpg
  • 20180802.jpg
  • 20180608.jpg
  • 20180523.jpg
  • 20180520.jpg
  • 20180419.jpg

月別 アーカイブ