埴生神社の様子
 

[ 兼務神社 ] の最近のブログ記事

神社です

20210611.jpeg本日は、兼務神社の境内の木の伐採のお祓いへと行ってきました

こちらの神社は、薬師如来をを祀っており薬師如来は大日如来と同体と説かれているため、神仏習合の観点でいうところの天照大神が御鎮座しているということになります

お寺から神社になった経緯を地元の方もあまり知らないようで、神道と仏教がまさに融合しているお社です

ご祈祷の際は、修祓(お祓い)の後、薬師様のご真言、オンコロコロセンダリマトウギソワカと3編唱えから祝詞奏上

眷属として十二神将像も安置されておりますが、神社です

補修工事の安全祈願

20210508.jpeg本日は、兼務神社の本殿補修の安全祈願へと行ってきました

造りが木材のため、どうしても長い年月が経つと補修の手を加えざるを得ません

本殿を支える柱と桁の部材を取り替えるとのことで、責任役員さん、区長さん、総代さん、大工さんが参列し安全祈願

いつもお社を気にかけてくださり、尽力を惜しまない方ばかりなので、有難い限りです

芸能上達守

20210428.jpeg兼務神社の大鷲神社にて、新しい御守りを奉製しました

大鷲神社では何かと、お参りに来た方が芸能ごとで成功することが多く、ご祈祷でもヒット祈願などを行ったことが幾度もあります

神様にお願いをしてその神威がいただけるのは、お願いしたと同時に自分の中での決意が固まったからのだと思います

神社ではそのちょっとのお手伝いが出来ればと思いますので、5月1日より頒布いたします 

穀雨

20210420.jpeg神社の祭典でこの辺でよく称されるのが御事(おこと)、お田植え祭なのですが、これらのお祭りは4月3日や上旬に行われます

しかし、松崎鎮守の二宮神社は今日の穀雨の日がお田植え祭と称されおります

百穀春雨といわれ、春雨が百穀を潤すことから名づけられたもので、この時期の雨で潤った田畑は種まきを教えてくれます

この日から立夏まで、農作業の適した季節となります

ピンクの絨毯

20210404.jpeg本日も兼務神社の春の祭典が続きます

最初は東和田鎮守の香取神社

神社の裏手に区民会館がり、広い駐車場を取り囲むように桜の木が植えられております

毎年満開の桜を楽しみにしているのですが、今年はすでに葉桜となっていました

ただ、花びらが駐車場一面に散らばり、見事なピンクの絨毯!

これもまた良いですね

日吉台熊野神社

20210312.jpeg本日は富里市日吉台鎮座の熊野神社の御祭礼

約100メート程の参道の奥にお社が鎮座しているのですが、長い年月をかけて総代さん方が整備をしてくださり、歩き易いのはもちろんこと、住宅地の中とは思えないほど自然を感じることの出来る境内となっております

隣接の公園とも行き来できるので、地域の方の散歩コースでもあります

身近にある神社として慕われているいいお社です

3月初午

20210311.jpeg本日は、3月に入っての初午

押畑鎮座の稲荷神社ではこの辺では一番遅い3月の初午が御例祭

明治7年に奉納された額には、現在の境内の様子と全く同じように描かれており、奉名簿

も本日いらっしゃっている方のご先祖さまの名前が書いてあります

歴史はもっと古いのでしょうが、これだけ見ても130年以上前からお付き合いがあるので、年に数回しか会わない氏子の方も、なんだか親戚のように思えてきます

愛宕神社ご例祭

20210224.jpeg本日は、宝田鎮守の愛宕様のご例祭

成田市内はもとより、市外や県をまたいで講社があったりと篤い信仰があります

コロナ禍の影響は少なからず影響しておりますが、2月の初午が早かったり、12月には酉が3回あるので、今年は火事が多い年と云われております

先日の成田での火災もあったせいか、今日初めてお参りに来ましたという方もいらっしゃいました

毎年2月24日は愛宕神社、そして近所の光照山醫王寺(元愛宕大権現別当)と、同日火伏せの神事、仏事を齋行しております

妻恋稲荷神社

20210214.jpeg本日は中台鎮守の妻恋稲荷神社の御例祭

例年であれば、中台体育館では成田市青少年交流綱引き大会が開催されているはずでしたが、コロナ禍の緊急事態宣言中にて中止となったため、お向かいはかなり静か...

まぁ、例祭の方も縮小開催にて人数はかなり少なかったので、こちらも寂しい感じは否めませんが...

ただ、参列をご遠慮頂いた恒例の市長や県議、次年度の新区長のお披露目、挨拶も省略、直会も省略、全てがカットされる中、神事だけはいつもとなんら変わらずに齋行

誠に有り難く、感謝に堪えません

御奉射

20210207.jpeg本日は、大山地区の御奉射

例年なら殿内での神事なのですが、今年は来賓の方にご遠慮をいただき、社殿前でのご祈祷のみの縮小

それでも神事を大切にしてくださる地元の方のそのお気持ちが、有難いかぎり

北千葉道路や、お隣小菅地区の開発事業で、近い将来には大山地区もかなり様変わりすることが予想されますが、家と家との繋がり、人と人との関係が変わらずに続きますことを切に願っております

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の写真

  • 20210611.jpeg
  • 20210508.jpeg
  • 20210428.jpeg
  • 20210420.jpeg
  • 20210404.jpeg
  • 20210312.jpeg
  • 20210311.jpeg
  • 20210224.jpeg

月別 アーカイブ