埴生神社の様子
 

[ 兼務神社 ] の最近のブログ記事

神社開き

20210109.jpeg本日は、寺台鎮守の保目神社の神社開き

とはいえ、正月元旦からお参りの方はいらっしゃっております

成田の町中は正月明けには動きがとれないために、1週間ほど遅れて歳旦祭を行います

朝はキンキンに冷えてましたが、陽射しが柔らかく御殿の中までほんのりと暖かくなって、寒さも感じられないくらい

今年1年がどうかいい方向へと向かいますよう、心より祈念もうしげます

立ち会い

20201217.jpeg本日は、兼務神社の土地の立ち会いに行って来ました

数年前までは、本当の地元の方が通るくらいのすれ違いもままならない道だったのですが、大きな病院が建ったことによりバスの路線となるため道路の拡張が計画されているみたいです

私が神主になってから、小菅の側鷹神社、土屋の大宮神社、久米の春日神社、押畑の稲荷神社、今後も今回の畑田の辯財天神社、吉倉大日神社、和田神明神社飛地境内地と、成田はまだまだ成長し続けるのだと見込まれます

それとともに、やっぱり神様のいるところが、昔も今もいかに重要な場所であるという事が理解出来ます

本殿掃除

20201216.jpeg本日は、兼務神社の本殿のお掃除

以前ちょっと覗いた時に、なかなかのホコリ加減で一度掃除をしないとと思っていたところ、責任役員さんとの都合もつき、建て付けや中を確認しながらの掃除

本殿の奉仕作業となるので、お祓いをしてから行いました

約2時間の作業で、神様にまた綺麗な本殿に御鎮座頂きました

これからも、この地の崇敬神社として産土の神社の神様と一緒に地元の皆さんに御稜威を頂くとともに、慕われ愛される憩いの場であってもらいたいと思います

静かな1日

20201207.jpeg本日も、大鷲神社にて酉の市

酉の市は、12月の第1酉の日が本来の祭礼ですが、ここ近年は土日入れますので、今年は土日月火の4日間

最短だと2日間、第1酉の日が水曜日だと5日間...

だたし、平日の酉の日でない時は、今日のようにノンビリと時間が過ぎていきます

神社の事務作業を持っていきながら、ご祈祷に対応

明日は酉の日、平日ですが忙しくなりそうです

天気に恵まれて

IMG_8721.jpeg酉の市2日目

今日は朝からお天気です

神社下のイベント広場も多くの方で賑わって、境内にもお参りに多くの方が上がって来ております

いらっしゃっている皆さん、マスクをして、大きな声を控えて、密にならないように気を使って下さっているようです

マスクの下に覗く、笑顔が本当に嬉しいです

酉の市開催

20201205.jpeg本日より安食鎮守の大鷲神社にて酉の市が開催されました

心配されていた天気ですが、午後には止むでしょうとの予報を信じていたのですが、結局1日中雨

寒さも増し、なかなか人の出も少なかったようです

そんな中、いつも気になる大鷲神社の楓

今年もここに来て色付き始めました

他の場所ではとうに落ちてしまっているのに、ここの楓だけはいつも酉の市の時に合わせていい色になります

明日は天気もいいようなので、散歩がてら感染症対策をバッチリ決めて、お参り下さい

宵宮

20201204.jpeg安食鎮守の大鷲神社の酉の市がいよいよ明日から開催されます

神社側はほぼ準備も万全、今日は夕刻より宵宮、また明日からの安全を祈って御祈祷

神社下の栄町イベント広場にはすでに露天商の方がほぼほぼ準備を終えていたので、声をかけると、この1年全ての予定がキャンセルだっただけに、正直儲けに関係なくこうやって店を出せる事が嬉しいとおっしゃってました

祈祷後は、明日の持ち場や、最終確認をし、いよいよ明日を迎えるばかりとなりました

崖崩れ防止

20201203.jpeg寺台鎮守の保目(ほうめ)神社では、境内を背崖を背負っているのですが、只今崖崩れの恐れがあるために工事中

崖は寺台を通る根木名川に沿って馬の背になっており、その高台の一部は神社の境内地となっており寺台城址があります

市と、区と、総代さん方で、連携をしていただき、寺台区の安全と鎮守様を想う気持ちがありがたいです

酉の市

20201202.png新型コロナ感染症の影響で、安食の大鷲神社の酉の市を協議の結果開催する運びとなりました

開始の花火、掴み取りのお餅、鈴の緒の撤去、手水舎の禁止、ソーシャルディスタンスに、各箇所へ注意喚起と、消毒液の配置

神社では出来るだけのことを行いますので、ご参拝にいらっしゃる方も、皆さんが気持ちよくお参り出来るよう、ご配慮願います

また、実行委員会の方では、露天商の方と協議をした上で、栄町イベント広場(旧商工会館あと)内での開催を漕ぎつけたそうです

例年のように、交通規制はありませんので、じゅぶんにお気をつけて、感染対策にも心掛けて頂ければ幸いです

全てが中止の中、少しでも楽しんで頂ければ...

新嘗祭

20201114.jpeg兼務神社で一番早い新嘗祭が、成田市赤荻の稲荷神社

午後からのお祭りで陽が傾き始める頃なので、御殿の中には西陽が差込み、拝殿はとても明るいのですが、祝詞をあげる幣殿までは陽は届かず、いつも提灯の蝋燭の灯の中奏上します

でも、今年は総代さんがライトを準備してくれました

お陰様で付け加えたコロナ終息の一文も、しっかりとお願いすることが叶いました

お祭り後の直会も、いつもなら大宴会になるのですが、今年はお茶で終了とちょっと寂しそうでした

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の写真

  • 20210109.jpeg
  • 20201217.jpeg
  • 20201216.jpeg
  • 20201207.jpeg
  • IMG_8721.jpeg
  • 20201205.jpeg
  • 20201204.jpeg
  • 20201203.jpeg

月別 アーカイブ